暇つぶしの深呼吸

仕事の合間の暇つぶしをツラツラと書いています

キャンプ

チャーハンの作り方♪ (アウトドア風)

投稿日:

昨晩の焼肉の肉がそこそこ残っていたので、ランチに「肉入りチャーハン」をつくりました。
私のキャンプ料理のレパートリーの1つですが、今回は詳細に手順をまとめちゃいます。



材料は、こんな感じです。
  玉ねぎ、ピーマン、スイートコーン、ライトバーガー、焼肉の残り、青ネギ


全ての材料を細かく切ります。
「カルビ」「ロース」「豚バラ」もコーンの粒くらいにカットです。
  ☆ずいぶん前に中華料理の達人が言っていたのですが、中華料理の基本は、

    料理の中で使う食材のサイズを揃える事だそうです。('-^*)/
   (今回は、チャーハンなので、こんな感じです)

まずは、「スイートコーン」から炒めます。
  ☆コーンは、食材の中で最もチャーハンを水っぽくしてしまう食材ですから、
   最初に強火で水分を飛ばしてしまいます。(なんかプロぽくなぃ?)
   サラダ油(バター)で炒め、軽く塩コショウ ・・・・・・ 「コーンバター」ってやつですヘ(゚∀゚*)ノ

スイートコーンが適度に炒めったところで、「カルビ」「ロース」「豚バラ」を投入です。
まだまだ炒めるので、コーンを炒めすぎないように注意!
肉が、火を通した色になってきたら・・・・・「ライトバーガー」を入れます。

そして、ピーマンを入れます。
  ☆昔は、ピーマンも先に入れていたのですが、チャーハンが青臭くなり、でもピーマン居ない!
   見たいな風になるので、最近は、このタイミングで入れます。

こんな感じで、ピーマンの緑が活き活きとしているうちに・・・・・・


玉ねぎ」の投下です。
今回は、1個半使いました。
入れた時には、ご飯が入らないのでは?と言うくらいの量に感じますが、玉ねぎはシュンとしてしまうので、いつも多めに入れます。
   ☆ここは、結構、しっかりと炒めます。

    この後、ご飯が投入となりますので、べちゃべちゃチャーハンになるかどうかは、

    ここで、決まってしまいます。

この辺りで、隠し味の「クレージーソルト」を入れます。
これは、ハーブ入りの塩で、パッケージの説明によると、世界中の一流シェフが隠し味に使っているらしいのです。(カッコつけて私も使っています)


私の場合は、先に「」を入れます。
そして、右の写真のように卵がチョット固まりかけまで、炒めます。(このまま食べても激ウマです)
  ☆火は弱火でやった方がうまくいきます!


ご飯を入れます。
今回は、材料に対して750gのご飯を入れました。
  ☆ご飯の投下と同時に、「オリーブオイル」を上から垂らします。
   混ぜる時にスムーズに混ざり、ご飯の焦げ付きを防げます(火は中火です)
  ☆本当の四川料理は、「鶏がらスープ」「塩」「砂糖」で味付けするらしいのですが・・・・・
   私は、ここで、塩、コショウ、市販のチャーハンの元を少々利用します。
  ☆炒めったかなぁ~と思ったら、「ネギのみじん切り」を入れ、醤油を少々入れ
   さらに炒めます。


   ネギが全体的に混ざったら、完成!

味見をしながら、塩、コショウで、味を整えていきます。
完成です。(結構いい感じです)


お椀にチョットだけ硬めに入れて、皿に反対向きにかぶせると、盛り付けもOK!!
   超~~っ、激ウマチャーハンの出来上がりです。
息子達のお気に入りチャーハンです。

-キャンプ
-

Copyright© 暇つぶしの深呼吸 , 2022 AllRights Reserved.