暇つぶしの深呼吸

仕事の合間の暇つぶしをツラツラと書いています

キャンプ 登山

徳沢~横尾~涸沢へ

更新日:

徳沢キャンプ場

徳沢キャンプ場の朝です。
夜が開ける前に出発した人たちもいましたが、今日が一番大変な日です。
横尾山荘まで3kmくらい歩き、そこから涸沢を目指します。

徳沢キャンプ場

朝ごはんは、アルファ米のドライカレーとインスタントラーメン、コーヒーです。
すごく寒い朝で、-4度だったみたいです。

朝、5時くらいに食事をしましたが、ここから昼くらい到着を目指して出発です。

道草食堂

キャンプ場の横の「みちくさ食堂」です。
帰りには、ここで何か食べたいね~と言いながらちょっと盛り上がりました。

徳沢~横尾

徳沢から、横尾まではこんな感じの道です。
通常の登山に比べて、シュラフやテント、食料などを背負っているのでリュックは重いのですが、これくらいの道ならば楽勝です。

横尾大橋

約1時間で横尾山荘に到着しました。
今日の天気も最高です。

横尾大橋から、北アルプスの山々がくっきり見えます。
いいですね~

横尾山荘

横尾山荘は、槍ヶ岳に行くちょうど中間地点です。

ここから、横尾大橋を渡れば、涸沢
ここで、山荘の裏を上がれば、蝶ヶ岳(前回行きました)
道なりに進めば、槍ヶ岳なんです。

近いうちに、槍にも挑戦したいですね~

横尾山荘

大勢いの人が橋を渡っていきます。

横尾山荘

橋を渡ると、注意書きの看板です。

「ここから先は、登山エリアです。」

「ヘッドランプ、雨具、地図など登山準備の無い方は入山をお控え下さい。」

どの山でもあまり見かけない看板ですが、ここから先が本格登山なんです。

上高地

登山中の眺め最高です!

本谷橋

横尾と涸沢の中間地点、本谷橋まで来ました。

本谷橋

ここは、中間地点なので、みんな休憩しています。

紅葉時期の真っ最中なので、登りの人と、下りの人が大勢います。
今日は、日曜なので登りは少ないのですが、昨日はすごく多かったみたいです。

涸沢

元谷橋からは、急な登りになります。
しかし、景色はどんどん良くなります。

初めての北アルプスなので、荷物は重いのですが、景色に癒されます。
でも、荷物が重い(笑)

涸沢のガレ

ガレです。
ここは、落石が多いので、止まらずササッと進まなければならないそうです。

涸沢

どんどん、周りの木が紅葉してきました。
涸沢の紅葉も期待できます。

涸沢

道はこんな感じです。

思っていたよりも、歩きやすいけど、荷物が重い。

涸沢

最後の登りです。

この奥が、涸沢です。
紅葉がきれいですね~

この紅葉を見るための登山客が多い~

涸沢

到着です。
いや~~~~~~疲れた。

しかし、達成感と紅葉の美しさで、癒されるかと思ったけど、足りない(笑)

よく、ここまで20kg近い荷物を持って上がれました。

涸沢

テント場は、こんな感じです。

大きな山小屋が2つ(涸沢小屋、涸沢ヒュッテ)あるので、軽装な人はそこに泊まるようです。
我々は、岩の隙間のよさそうなところを見つけてキャンプです。

涸沢のおでん

テントを設営して、実は、1時間くらい横になり・・・・
涸沢で名物と言われている「おでん」を食べることにしました。

涸沢のおでん

メニューです。

涸沢のおでん

生ビールおでんセットに、玉子追加を注文しました。

いや~疲れましたが、おでん食べながら、ビール飲んで、一緒に行ったメンバーや近くの人と話すとやっぱ、山いいな~と思ってしまいます。

奥穂高

テント場のすぐ上は、穂高連山です。

奥穂高、涸沢岳、前穂高、北穂高など、名山がすぐ近くに見えます。
我々も、あと1日あれば、1つくらいは登れたのでしょうが、足が動いたかどうかは不明です。

紅葉の涸沢いいですね~

涸沢

夜は、カレーにしました。

飯ごうでご飯を炊いて、カレー作って食べました。
でも、おでんを売っていたところに、カレーのメニューもあったんですよね~

おそらく、飯ごうをここまで持って上がって、ご飯を炊いたのは我々くらいでしょうね。
次回は、1000円多く持ってきて、買います。

夜の涸沢

涸沢のテント場の光です。

この写真を撮りたかったんです。
テレビや雑誌で時々見ますが、実際に見るときれいですね。

色々なテントがヘッドライトの明かりで光っているんです。

そして、疲れと疲労で、持って上がったお酒もろくに飲まず、20時には眠りにつきました。
いい登山でした。

明日に続く~

-キャンプ, 登山

Copyright© 暇つぶしの深呼吸 , 2018 AllRights Reserved.