暇つぶしの深呼吸

仕事の合間の暇つぶしをツラツラと書いています

キャンプ

若洲キャンプ場

投稿日:

3連休の最終日・・・・・「デイキャンプにいこうか!」と言う事になり、朝キャンプ場に電話をして、キャンセルを確認しました。
運良く、キャンセルがあるので、デイキャンプの場所を確保してバタバタと家を出発しました。(^O^)/

若洲キャンプ場」は、江東区の海側の端っこの埋立地です。
途中、「若洲リンクスゴルフ場」を横目に、海の方に一本道を進んでいきます。
風力発電の大きな風車が間近に見えてきます。






受付は、思っていたよりも大きく、きれいな建物です。
区立若洲公園」の中に、「キャンプ場」や「多目的広場」など、自然の中で遊べる広大な公園です。

いつも行く「オートキャンプ」と違い、駐車場からキャンプ場までは、リアカーで道具を運びます。
駐車場は300台収容でき、余裕がありそうに思えるのですが、満杯でした。\(゜□゜)/
管理等で、キャンプの受付を行い、16台用意してある「リアカー」を借ります。
   デイキャンプの料金は・・・・・・大人  300円    子供150円
                     駐車場 500円/日
と激安ですが・・・・・・

いざ、キャンプ場エリアに入ってもここからが大変です。
ムチャクチャ広い中で、今回の割り当てられた場所は入り口から一番遠いところです。

この地図の下が入り口で、右上の「66」番が、今回の場所です。ヽ( )`ε´( )ノ
ちなみに上の写真は、地図の「燃えかす入れ」と言う文字くらいから撮影したので、ここの広さが分かってもらえると思います。

今回の道具です。
リアカーにちょうど満杯くらいでした。
  「テーブル」「椅子×5脚」「長いす」「食器セット」「コンロ」「火気」
  「着替え」「食料」「タープ」「クーラーバック」・・・・
など、デイキャンプにしては多いかも知れませんが、我が家の通常キャンプと比べると少ない感じです。

過去に体験したことのないくらい狭い場所に、どうにかタープを張りました。
ピーンと張るのが好きなのですが、これが限界です。
場所が、端っこだったので、どうにかなりましたが、左右前後に他のキャンパーが居る場所だったら、絶対にタープなんて張ることできません!
デイキャンプだったからかも知れませんが・・・・3×4mくらいの場所だと思います。

息子達は、オセロで勝負です。
今のところ、長男の勝ち!!

今日のメニューは、簡易コンロを利用した料理色々です。
まずは、「ウインナー」「餃子」です。
息子達も大好きな、定番のメニュー!!
写真はありませんが、今回は、「ソフト麺スパゲッティ」も作りました。
私は、一人暮らししていた学生時代に、毎日のように食べていた主食的な食べ物です。 (  ゚ ▽ ゚ ;)/

メインディッシュのお好み焼きです。
これは、「ベーコンお好み焼き」!!
フライパン返しを忘れていたわりには、どうにかうまく作れました。 V(`∀´)V


「たこ焼き」を作ろうと、用意してきた「タコ」をぶつ切りにして・・・・・
   「タコのみ焼き
にしました。
子供達からは、「美味しい」との良い評価をもらいました。(確かに旨かった!)


我々は、18:00くらいに家路に着きましたが・・・・・・
上の写真は、到着した時と、帰る時に、ほぼ同じ場所から撮影したものです。
広大なキャンプ場が、20~30人くらいの団体や家族連れなどで、満杯でしたが、帰り際にはガラ~ンとしていました。
家から近く、きれいな芝生のキャンプ場ですが・・・・・
   ・車を横に付けれない(荷物のおろしもできまい)

   ・1区画が狭い

   ・キャンプの素人ばかりで、マナーがなっていない
など、結構な不満が残りましたが、夏の終わりに「夏らしいデイキャンプ」を味合う事はできました。

-キャンプ

Copyright© 暇つぶしの深呼吸 , 2022 AllRights Reserved.